太陽光発電でエコ生活

八王子市に居を構えて、早20年となりました。
先日、家のリフォームをすることを決めて、その打ち合わせにと業者さんに来てもらいました。
ついで…といってはなんですが、家の屋根に太陽光発電システムを付たい旨も伝え、その見積もりもしてもらいました。
リフォームをするに当たり初めに妻と話していたのは、壁の塗り替えと、使わなくなった子供部屋を趣味の絵画を置く為の物置への改造、そして風呂とトイレを最新のものにしてもらう事でした。
それでリフォームに対する家族の意見がまとまりそうだったのですが、先日ポストに投函されていた太陽光発電のチラシの事を思い出して、「これについてどう思うか」と一応家族会議にかけてみました。
そうしたら、妻が「実は気になっていた」と言い出したので、インターネットで詳しく調べてみる事にしたのです。
ネットによると、住んでいる自治体によっては太陽光発電のシステムを家につけると、その取り付け費用にたいして助成金が出る場合があると紹介されていました。
太陽光発電で作られた電力の余剰分に関しては買い取り業者があるということも魅力ですし、何より太陽光発電はとてもエコロジーな発電である、ということが書いてありました。
何を隠そう、近年の我が家のテーマは「エコ」。
「エコロジーな発電」というキャッチコピーに、心打たれました。
地球温暖化を止める為には、一人一人の行動の小さな積み重ねが大切だと、常々思っています。
東北の地震からこっち、電力の作られ方についても様々な議論が重ねられています。
電気は無くてはならないもの。
その電気を、エコに心がけて作る事が、人と地球との共存を考えて行く上で大切なテーマだと思ったのです。
実際の所、初期投資は必要です。
が、業者さんに見積もってもらった所、長い目で見ると確実に取り戻せる額であると言う事でした。
エコで、電気代もトータルで安くなる、これは良い話です。
妻はちゃっかり「余剰分の買い取りについて調べている」とはりきっています。

Under 八王子市

サイトマップ