住宅用の太陽光発電

これまで、企業の太陽光発電、そして文教施設の太陽光発電と見てきました。
しかし、やはり最近注目を集めているのが、個人住宅の太陽光発電です。
個人住宅用の太陽光発電は、最近ものすごいペースで伸びてきております。
それは、補助金制度が充実していることと、売電制度の充実、そして太陽光発電の価格自体の下落があるでしょう。
とはいえ、住宅にも様々な種類があり、それに応じた太陽光発電パネルの設置が求められております。

まずは、愛知県半田市の住宅です。
こちらの建物は、片流れ屋根です。
片流れ屋根ということは、おおむねその屋根は南を向いているということになります。
切妻式のように、両方に屋根が流れているわけではないので、おのずと設置場所は限定されています。
しかし、逆に言えば、建築当初から太陽光発電パネルを設置できるように設計されておりました。
それは、真南に向いた屋根もそうですし、建物、特に屋根部分の構造強度が強いということです。
そのため、屋根置き方の太陽光パネルを4キロワットの容量で設置をすることができました。

次に、大阪府の住宅です。
こちらの屋根は、比較的寄棟に近いタイプです。
実は太陽光発電のパネルにとって、もっとも相性がよくないのが寄棟です。
寄棟の屋根の形状は、平面で見ると三角形に近くなっております。
そこに四角の太陽光発電パネルを設置しようとすると、どうしても屋根にデッドスペースが生まれます。
しかし最近の太陽光発電パネルは違います。
まず、モジュールの形がさまざまなものがあります。
最近では、三角の形のモジュールもありますので、屋根に隙間なく敷き詰めることができます。
また、まるで瓦のように設置することができる太陽光発電のモジュールもあります。
屋根の建材と一体になることで、屋根自体の軽量化にも寄与しますし、建物の中で太陽光発電のパネルが主張することもありません。
特に住宅街に建つこの住宅の場合、周囲との調和も重要なポイントなのです。

get( 'keyword', 8 ) ?>
get( 'comment', 8 ) ?>

Under

サイトマップ