葛飾区の支援について

近年の二酸化炭素の排出を利用とする地球温暖化や節電要請から新たな発電方法としての太陽光発電が注目されています。
太陽光発電は、発電時に二酸化炭素の排出を行わないため地球温暖化の防止に役立ち、資源の利用をしないことから環境にも優しいといえます。
そこで、葛飾区では、住民による太陽光発電システムの設置に対して、かつしかエコ助成金という名目のもと金銭を支出することで、住民のシステムの設置費用の軽減を図っています。
太陽光発電は、普及してきたとはいえ、そのシステムの設置には100万円以上の費用がかかってしまいます。
そこで、国や東京都から支払われる補助金とこのかつしかエコ助成金を併用することで、設置費用の軽減ができ、多くの家庭に太陽光発電システムを普及させることが可能となります。
また、葛飾区では、区民の人は家庭で発電した電力の電力量の価値をグリーン電力証書として買取を行っています。
このような制度の導入により、住民のさらなる太陽光発電の導入が期待できます。

Under 葛飾区

サイトマップ