東京などの企業における太陽光発電の導入

太陽光発電というのは、今注目のクリーンエネルギーです。
エネルギーを作る際に二酸化炭素を発生しませんので、地球温暖化防止にも役に立ちます。
エネルギーを作る際に、石油や天然ガスといった化石燃料を使うこともありません。
そのため、化石燃料の保護の観点からも、非常に有効です。
そんな太陽光発電ですが、現在では家庭用も大分普及が進んできました。
しかし、太陽光発電を導入しているのは、家庭だけではありません。
様々なところで導入をしているのです。

まずは、東京の汐留にある、電気関連会社のビルです。
ここは、太陽光発電を製造している会社のひとつでもあります。
汐留では、リビングショールームを展開しています。
高さ139メートルもある超高層ビルディングの屋上に、太陽光発電システムを設置しました。
ビルディングの屋上ですので、もちろん平面です。
そこに太陽光発電のパネルをおくということになっております。
容量は14.4キロワットということで、かなりの容量となっております。

次に、栃木県の那須塩原市の企業です。
この企業の立地条件というのは、国立公園の中にあります。
そのため、屋根の形状に制約があります。
景観を非常に考慮したデザインとなっております。
この場合には、屋根と一体になったようなデザインの太陽光パネルを採用しております。
ちなみに、容量は10キロワットです。

そして、三重県亀山市にある、家電メーカーの工場です。
この企業では、太陽光発電パネルを製造しております。
同時に液晶テレビのメーカーとしても有名です。
そのため、太陽光発電パネルを壁面に設置してあります。
さらにそのデザインを液晶テレビに似せているところが、おしゃれです。
壁面設置によって、様々なメリットがあります。
それは、人の目に付きやすいということです。
人の目に付けば、その企業が環境に貢献をしているというのが分かります。
その容量は41キロワットかなりの容量ですね。
壁にも設置できるのが、最近のパネルのメリットです。

get( 'keyword', 2 ) ?>
get( 'comment', 2 ) ?>

Under

サイトマップ