九州の太陽光発電

最近では、ありとあらゆる地域で太陽光発電の導入が進められております。
中でも、東京などの都心部では、特に熱心に導入を勧めているといえます。
では、同じ都心と言っても九州地方で最も栄えているといってもいい、福岡県福岡市に関してはどうなのでしょう。
こちらでは、どのような補助金制度があるというのでしょうか。

まず、どこの自治体でもそうですが、多くは3本立てになっております。
国、都道府県、そして市区町村です。
この三者から補助金をもらうことが出来ます。
中には、県と市の補助金を統合していることもありますが、これは完全に統合しているわけではありません。
互いの補助金制度を補完しあっている、という言い方がふさわしいでしょう。

もちろん、福岡市に住んでいる人も、まず国の補助金を受けることができます。
これは全国共通で、地域差はありません。
設置する太陽光発電システムの1キロワット当たりの価格が、550000円以下の場合には、1キロワットあたり30000円を補助します。
設置する太陽光発電システムの1キロワット当たりの価格が、475000円以下の場合には、1キロワットあたり35000円を補助します。
こちらの場合、10キロワット以下の太陽光発電システムでないといけません。

次に、福岡県から受けられる補助金についてです。
残念ながら、福岡県から受けられる補助金は、現在のところありません。

そして、福岡市から受けられる補助金についてです。
こちらに関しては制度としては確かにありますが、件数が限られております。
予算の都合もありますので、1500件までで打ち切りとなっております。
発電出力が2キロワット以上の太陽光発電システムであれば、一律100000円をもらうことが出来ます。
2キロワットの太陽光発電システムであれば、国の補助金よりは多くもらえるということです。
もちろん、国の補助金と福岡市の補助金を、二重取りすることも可能ですよ。

get( 'keyword', 3 ) ?>
get( 'comment', 3 ) ?>

Under

サイトマップ