太陽光発電の問題点

これまで、太陽光発電のメリットばかりを紹介してきました。
しかし、メリットばかりでデメリットがないものなど存在はしません。
太陽光発電であったとしても、それは例外ではなく、デメリットも存在するのです。

まずは、導入時のコストが大きいということです。
コストとしてかかるのは、主に太陽光発電に使うパネルと、工事に伴う費用です。
お宅にどのような太陽光発電のパネルを設置するかにもよりますが、以下のような試算があります。
4キロワットの太陽光発電システムを一戸建ての住宅に導入しようとする場合、そのコストは200万円前後になります。
これはかなり大きいですね。
もしかしたら、人生で2番目に大きい買い物かもしれません。
しかし、前述したように、そこから国や都道府県、市区町村の補助金を差し引けば、導入コストは少なくて済みます。
さらに、余剰電力買取制度で、売電収入もあります。
とはいえ、最近では自治体によっては、普及の役割は果たしたとして、補助金の打ち切りを決定する自治体も多くなっています。
早期導入がおすすめです。

次に、天気や立地条件に左右されるということです。
当たり前ですが、太陽の出ていない夜に発電をすることはできません。
昼間でも雨が降っていたり、曇っていたりすると、発電量は大幅に低下します。
また、同じ晴れている条件でも、設置する方位や角度によっても発電量は変わってきます。
設置の際には、しっかりと現地調査をしてくれる業者を選びましょう。
さらに、日本海側と太平洋側では、一般的に日本海側のほうが発電量が少なくなります。

最後のデメリットとしては、故障などのリスクがあります。
永久に壊れないわけではありません。
メーカーの多くは10年保証をつけていますが、裏を返せばそれ以降に壊れる可能性が高いということです。
しかもパネルは壊れるということがあまり、なくむしろ周辺機器で、特にパワーコンディショナーは、精密機器ですので、そのリスクが高いです。
欠陥工事の雨漏りといったトラブルも報告されています。

get( 'keyword', 4 ) ?>
get( 'comment', 4 ) ?>

Under

サイトマップ