太陽光発電で節電

わたしが暮らしている東京都は、日本で一番人口が多いところです。
人口が多いということは、それだけ電力使用量も高いエリアでもあります。
東京の街は、夜でも灯りがたくさんついていて明るいですからね。
もちろん、夜間の灯りは防犯など治安のためには必要なことではあります。
でも、できるだけ電力は節電していかなくてはならないと思いますね。
現在は、原発など電力事情も不安なことが多いですから、無駄な電力をおさえる努力が必要だと思います。
節電対策として、近年注目されるようになってきているのが、「太陽光発電システム」です。
太陽光を利用した発電システムのことで、大きな企業や工場などの屋根や屋上に設置されていたりします。
また、一般の住宅用に開発された太陽光発電システムも、いくつかの国内メーカーから発売されています。
太陽光発電システムを自宅に取り付けることで、太陽光が射している日中は自宅で発電ができるようになりますから、かなりの電力を節電できるようになりますね。
しかも、太陽光発電システムの優れているところは、自宅で発電して余った電力に関しては、電力会社に売ることもできるようになっているのです。
その時の発電量次第では、電気を売って収入を得ることもできるのです。
東京でこの住宅用の太陽光発電システムを導入する戸建て住宅や、アパートやマンションなどの集合住宅が増えてきたら、節電効果もかなり期待できるのではないかと思います。


サイトマップ